~新潟市にあるグリーフケア(ご遺族のケア)と、闘病中のご家族を持つ方のサポートのためのオフィス~


by griefcare

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール

<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

“ひと”として生きる希望

今日は、新潟県内の在宅医の先生や関係機者の皆さんで構成されている「在宅ケアを考える集いin越後実行委員会」の今年初めての会合でした。

私は「在宅医療に携わる立場」ではないのですが、在宅医療の場合にも「看取っておわり」ではなく、その後のことも関わりがあると考えてくださった先生からのお勧めで、一昨年から参加をさせて頂いているものです。
d0300787_23132289.jpg

添付の資料は「レセプト(『医療機関』が『保険者』に対して医療費を請求するために発行する請求明細書)から読み取れる新潟県内の在宅医療の状況」だそうで、専門外の私には細かい意味はわかりませんが、黒い数字は「実施されている程度(プラス)」を示し、赤い数字は「実施されていない程度(マイナス)」、空欄は「データの収集がされていない」ことを表わしているのだそうです。

なるほど、と思って、数字を眺めてみると、たとえば地域区分「新潟市」の場合、「病院が患者に対し、退院支援調整を実施」は高い数字で実施しているけれど、「診療所・病院、訪問看護、歯科、薬局間の情報共有ネットワーク」はまだまだ足りていなくって、(写真には写っていませんが)中越や上越の方が新潟市より桁違いに進んでいることが分かったりします。

そんななか、上越地域以外は全部赤いマイナス数字が並んでいるのが「在宅医療におけるターミナルケア提供」と「看取り」です(*上越は両方プラスです)
それだけ、特にがん末期などの方が、家で最後まで過ごすのは容易ではない、ということなんだと思うのですが、“患者さん”としてではなくて、“ひと”として、ひとが過ごすには「自分の家」はやっぱり良いだろうなあ~と思います。

でも、そのためには、ご本人だけではなくて、家族にとっても、「家で最後まで一緒に暮らす」ことが最良で最善の選択肢でありたいですよね。
そうなるための鍵はなんだろう?と考えたとき、「ひととして生きる希望」というキーワードが思い浮かびました。

“患者”として見られたら「希望という言葉とはほど遠い」状況であるかもしれない人も、“ひと”として向き合えば、絶望の対極にある希望という言葉に近づくことができるんじゃないか。
そんなことを考え考え、今年の集いのテーマ案の一つとして、「在宅終末期における希望」という文言を提案させて頂きました。

現実の話としては、弱っていく一方のこの時期に「希望」を持って生きることは難しく、持てたとしても一時(いっとき)のことにしか過ぎないこともありますが、その一時の希望や喜びが、その時期を過ごす上でとても大きな支えになったり、後々までも家族を支える大切なものになるように思います。
[PR]
by griefcare | 2016-01-31 23:13 | ◆緩和ケアと在宅ケア関連

寺尾中央公園雪景色

d0300787_10173435.jpg
昨晩の寺尾中央公園です。
樹上の雪がライトに輝き、溜息つきたくなりました。
今日はもっと雪が深いでしょうが、身近にある雪景色。
よかったらお出かけになってみてください。
[PR]
by griefcare | 2016-01-24 10:15 | ◆アドバイザー日記

一筆箋のこと

お正月からまだ3週間?もう3週間?
なんだか落ち着かない1月の後半です。

今日は午前にお一人、お目にかかってお話を伺いました。

いつも選んでいただく「小さな記念品」
d0300787_22341212.jpg

今日は“可愛い系”は入れないで、こちらの4つを用意していきました。
選んでくださったのは、左上の一言箋。

先にいかれた方のお仕事は「和」のお仕事だったのだそうです。
「本人も、こんな感じの一筆箋を使っていたのよ」とお話を頂きました。

気づいたら1月もあと1週間しかないですが、なるべく丁寧な毎日を送っていきたいものだなあ、と思いました。
今日も佳いお時間をいただき、ありがとうございました。
[PR]
by griefcare | 2016-01-23 22:34 | ◆アドバイザー日記

初めての電話面談と、ご夫婦の姿

水曜日に電話をくださった大阪の方と、昨日の21時半から24時過ぎまで初めての”電話面談”をさせて頂きました。

電話の向こうから教えて頂いた、ご主人の最後の言葉は「ありがとう、愛してる」・・。

「最後にその言葉って、ずるいじゃない、って思った」とおっしゃた奥様・・。

私には、そう教えてくださった奥様のお顔を見ることはできませんでしたが、ちょっと微笑んでいらしたんじゃないのかな。

奥様に「ありがとう」と「愛してる」を伝えられたご主人と、その言葉を受けとめて差し上げた奥様の、お二人の姿を思い浮かべることができ、私はとても幸せ者だと思います。

奥様には、「電話で特に遠い感じははしない」と言って頂きました。
ちょっとほっとしましたし、ちょっぴり勇気も湧きました。

初めての機会をいただき、ありがとうございました。
[PR]
by griefcare | 2016-01-16 22:31 | ◆アドバイザー日記

初めての電話面談へのトライ(御礼)

なんと、さきほど、大阪の方からお電話をいただきました。

グリーフケアで検索をして見つけて下さったそうなのですが、大阪から電話をかけて来て下さる方がいるとは想像していませんでしたので、正直とても驚きました。

電話をくださった方からご要望を頂いて、初めて電話面談を行うこととなりました。
(*直接お会いしないので正しくは“面談”ではないですが、私の場合、“相談”ではないので、電話であってもやっぱり“面談”というのがしっくりくる感じです)

お顔を拝見することなく、「声」のやり取りだけで十分な応対が出来るかどうか、やってみないとわかりませんが、「それでも構わない」というお話なので、初めてのトライアルをすることになりました。

ものごとは、「自ら始める」だけではなくて、「誰かに求めて頂いて始まる」ケースがあるのだと、改めて気づかせて頂きました。

大阪から頂いたお電話、ありがとうございました。
[PR]
by griefcare | 2016-01-13 14:11 | ◆アドバイザー日記

告知とセカンドオピニオン

昨日のことですが、高齢の親御さんに告知をするべきかどうか、するとしたら、どのように伝えたら良いか悩んでいる、というご相談を頂きました。

件数は多くないですが、告知についてのご相談は時々頂くことがあり、その際、共通していることの一つが「予後の見込みが良くない高齢の親御さん」ということです。

ある方は、「治る見込みがあるなら告知するけれど、治らないのに告知しても仕方ない」とおっしゃいました。
「この歳まで頑張って生きてきた親に辛い思いをさせたくない」という、子どもとしての切ない想いが背後にあるだろうと拝察をしています。

でも、こういったご相談を頂いたとき、高齢だから告知をしない方が良いとか、高齢でも告知をした方が良いとか、家族でない私が口にすることは出来ないですし、そもそも「こちらの方が正しい」なんていう正解は存在しないのではないかと思います。

そこで、このような相談を頂いたとき、私がご提案をすることの一つが、「セカンドオピニオンを取ってみてはいかがですか」ということです。

昨日の方にも、そのようにお伝えしたら、「セカンドオピニオンは治る時に取るもので、治らない場合には関係ないと思っていた」とお返事がありました。

確かに、「セカンドオピニオン=最善の治療法を見つけるための方策」という認識が一般的かもしれません。

だけど、そういう認識と同じぐらい、「セカンドオピニオンは、患者さんとご家族が、一緒に“より良く生きる”ための方法を見つけるための方策」ではないかと私は思っています。

それと同時に、近しい人の病気について意思決定や判断を求められ、疲弊をしたり、孤独になったりすることがあるご家族が「支え」を得るための一つの方策にもセカンドオピニオンはなりうるのではないかと思います。
(セカンドオピニオンを取ることで、複数の医療者の方に接する機会を持つことができ、そのことで開ける道というのがあるように感じています)

昨日の方が、実際にセカンドオピニオンを取られるかどうかは私にはわかりません。

でも、「ひとつ考える選択肢が増えました」と言って頂くことはできました。

「この道しかない」(どこかで聞き覚えのあるセリフです)と思い込んでしまうのではなく、一つ息継ぎをするための方策として、考えてみて頂いても良いのではないか。

改めて、そのように思った昨晩でありました。
[PR]
by griefcare | 2016-01-13 00:23 | ◆緩和ケアと在宅ケア関連

今年も講座を二つほど

今年の手帳を眺め、スケジュール立てをしています。

昨年を振り返り、今年も講座を二つほど開いてみたいと思います。

一つは昨年、思いがけず15名様満席となった「家族の為のグリーフケア講座」。
>こういう知識って、ないよりはあった方が良いです。安易な言葉で他人様を傷つけないためにも。
>同じ境遇の方がいらして思い悩んでおられることがわかり、自分だけではないという実感がわき、励まされた気持ちです
と感想を頂いた講座です。

そして、もう一つ新たに開きたいと思うのが、「未成年の子どもの為のグリーフケア講座」。
昨年一昨年と、「未成年のお子さんをお持ちのシングルペアレント」の方に限定したサロンを開催しましたが、昨年は「手ぶらでの語り合い」ではなく、「子どもの悲嘆のケア」についての資料を使いながらの語り合いにしてみました。

子どもを育てる立場の方は、ご自分自身もパートナーを失った辛さを抱えているにも関わらず、家庭のなかで子どものケアをしてあげる立場になることがほとんどです。

そうであるなら、今年は「子どもの悲嘆のケア」の基本について知って頂くことを柱に据えて、講座仕立てのサロンにしてみようかと思います。

そして、私自身がしっかり考え、「大丈夫」と思えたら、子ども自身が悲嘆について、ちょっとだけ知ってみる(ちょっとのさじ加減がものすごく難しいと思うので、出来るかどうか、今はまだわかりませんが)、そんな場が創れたらと思います。

「家族の為の・・」は昨年と同じ7月に、「子どもの為の・・」は時間がもっと必要なので、秋以降、どこかの週末で開催したいと思います。

詳細は固まり次第、ご案内をしていきますが、今年もぼちぼち前進していきたいと思います。
どこかの誰かのお役に立つことがありますように。
[PR]
by griefcare | 2016-01-08 16:21 | ◆講座やグリーフワークお手伝い

2016年「春のわかちあいサロン」ご案内

2016年春のわかちあいサロンの会場が決まりましたので、少し早めではありますが、ご案内をさしあげます。

◆春のわかちあいサロン◆
大切な方を見送られた方なら、どなたでも参加頂けます。
ここで聴いたお話はここだけにするのがお約束です。

日時:3月16日(水) 10:30~12:00、13:30~15:00
*どちらかご都合の良い方をお選びください。

会場:クロスパル新潟
*部屋番号は、お申し込み下さった方にお知らせします。

参加費:1,000円(茶菓と小さなお土産付)

定員:午前・午後、各4名(性別不問)
*ご事情に応じて午前午後の調整をさせて頂くことがあります。

ここでお聴きしたお話は、ここだけにするのが全員の方のお約束になります。

お申込みは、025-233-5983(NPO法人WWA兼用)
あるいは、090-8259-1551迄ご連絡ください。
*但し、番号非通知はかかりませんので、ご注意ください。
また深夜早朝はお受けできませんこと、ご了承ください。

穏やかなひと時となりますように。
[PR]
by griefcare | 2016-01-04 23:09 | ◆わかちあいサロン

2016年1月になりました

1月4日、月曜日。
役所が仕事始めの今日は、公民館などの3月分の予約開始日です。

私も、今日の優先事項は「春のわかちあいサロン」の会場予約。
無事に3月16日(水)午前午後・クロスパル新潟の予約を取ることが出来ました。

そこで思い返して驚いたこと一つ。

私がグリーフケア協会の特級資格を取得して、最初の相談を頂いたのは2013年の2月のことでありました。
今月で、その時から丸3年・・時間は何処に過ぎていったのでしょう?!

3月6月9月の定番サロンに、春と秋のお楽しみサロン、晩秋の親御さん向けサロンに冬の男性サロン。
たまに講座が入ったりしてますが、思い返せば返すほど、同じことをしています(汗)

でも、来て下さる方が選んでくだされば良い訳だから、私自身が力を付けていくことは必要だけど、場の設定が変わっていく必要はないのかな。

むしろ、人に呆れかえられる位、同じことを続けていって、いつか“あるのが自然”になったら最高だよね!と思う2016年1月になりました。

今年も同じことをしていきます。
誰かのお役に立てば幸いです。
[PR]
by griefcare | 2016-01-04 22:58 | ◆アドバイザー日記
サロン日程のご案内

◆31年「春のわかちあいサロン」
日時:3月21日(木)10:30~12:00、13:30~15:00
会 場:クロスパル新潟(予定)*会場は2月に決定いたします。
参加費:1,000円(茶菓と小さなお土産付き)
対 象:大切な方をなくされた方(性別不問・時期やお相手は問いません)
定 員:各席最大4名様まで
*ここでお聴きしたお話はここだけにするのが、全員の方のお約束になります。

◆第3回「こどもの悲嘆のケア基礎講座~身近な大人に知っておいて頂きたいこと~」終了しました
日 時:11月25日(日)13:30~15:30
会 場:クロスパル新潟308-309講座室
参加費:2,000円(資料代)
対象:家族を亡くした未成年の子どもの保護者、保育園や幼稚園、学校の先生など、子どもの支援に関わる大人 20名まで
*内容等の詳細はカテゴリ「講座」内でご案内いたします。