~新潟市にあるグリーフケア(ご遺族のケア)と、闘病中のご家族を持つ方のサポートのためのオフィス~


by griefcare

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール

<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Sちゃんのお誕生日

10月も最終日になりました。

今日は8月にお母さんにお会いしたSちゃんの最初のお誕生日です。

あとでママのところにメールをしておくね。

今日も良いお天気で良かったね。
[PR]
by griefcare | 2014-10-31 08:32 | ◆アドバイザー日記

5年後の自分への手紙

今日の「おでかけサロン」の会場は、昨年に続いて今年も佐潟ほとりのハーブランドシーズンをお借りしました。

一人ひとりが、それぞれに書いた手紙は2通です。
1通は“思いを伝えたいひとへ“、もう1通は“5年後の自分へ”です。

どちらも大事なものですが、どちらがより大事かといったら、“5年後の自分へ”です。

なぜ5年後なのかと聞かれても、誰かが定めた理由はないですが、「あのときはこうだった、そう言えばこんなこともあったよねえ」と、穏やかに振り返るには3年はまだ短くて、やっぱり5年ぐらいが要るかなあ、というのが一つ。

そして、「5年後にも元気で会っていましょうね」、と、自分と一緒にみんなに伝えたかったのが、もう一つ。

書くことで語り、語ることでまた先へ。
また元気にお会いいたしましょう。
そんなことを思い、帰途につく秋の日でありました。

*相手の方への思いを紙に書いてみる「お手紙」は、もっとも手頃なグリーフワークかもしれません。
手頃すぎるがゆえに、やってみる方は少ないように思われますが、一年に一度でも十分ですので、「書く」ことで相手の方と、自分の心の中と対話する。
面白いもので、年数が経つほどに、便箋の上に綴る文字の数が増えてくるようです。
そうやって心も落ち着いてくるのでしょうね。
[PR]
by griefcare | 2014-10-28 23:24 | ◆講座やグリーフワークお手伝い

10月の「おでかけサロン」

4月と10月の第四火曜日は、一度お話を聴かせてくださった方を対象にした「お出かけサロン(*良かったら一緒にどこかにお出かけしませんか、というお楽しみいイベント)」を開催しています。

明日のテーマはシンプルですが「手紙」です。
「書くこと」を核にして、参加者の皆さんと、「場」と「時間」を創っていきたいと思います。

写真はこちらで用意をした便箋と封筒ですが、同じ便箋、同じ封筒を使っても、そこに紡がれる想いは人それぞれで、大切な思いを語る心もそれぞれでしょう。
何通書いて頂いても構いません。
心の向くままに思いを連ね、笑顔と一緒に美味しいお茶も楽しんで頂けますように。

d0300787_2136789.jpg

[PR]
by griefcare | 2014-10-27 21:36 | ◆おでかけサロン

さすがは晴れ女!

今日は母の誕生日です。
さすがは晴れ女!
お誕生日おめでとう~!
d0300787_1083223.jpg

[PR]
by griefcare | 2014-10-25 10:08 | ◆アドバイザー日記

いろんな見方

明日は土曜日、あっという間の一週間。
今週は、「人に会うのを端折っては(はしょっては)勿体ないのだなあ」と思うことが一つありました。

二日前のことになりますが、来月9日に予定をしている「お父さんお母さんサロン」の案内に目を留めて下さって、某生命保険会社の方が電話をかけておいでになりました。

電話口でのお話は、「仕事を探す必要がある方がいらしたら我が社の仕事を紹介頂けないですか」というもので、“こんなところで従業員の募集をするの?!”と、正直ものすごく抵抗がありました。

でも、せっかく電話を下さったのだから挨拶にぐらい行かないと失礼かな、と思い、昨日某社まで行ってきたところ、会ってビックリ(生命保険会社さんという仕事柄を差し引いても)とても感じの良い人でした。

用件の主旨も、某社は厚生労働省の「くるみんマーク」の認定企業で、一般的には子どもが小学校低学年までが対象の時短勤務が中学入学直前まで使えること、有給休暇とは別に子どもの看護休暇がしっかり整備をされていること。
だから、もし仮にお子さんが小さくて、だけど安定した正規の仕事が必要な方にはお役に立てるのではないかと思う、というお話でありました。

その方いわく、「僕にも妻子がいるので、もし自分に何かあったらと思うと他人事ではなく」、「そのような立場になられた方に今さら生命保険をお勧めすることはできないけれど、別の形でお役に立てるのではないかと思い」、電話をかけてきてくださったのだそうです。

直接会ってお話をしなければ、そういう意図とは分かりませんでした。
立場が変われば物の見方も変わる、という一例でもありますが、人に会うのは大事だなあ、と改めて思った出来事でありました。

*しかし、立場によって本当にいろんな見方があるものですね。
自分の見方だけにこだわってはいけないのだと思いました。
良い気付きを頂いた1週間になりました。
[PR]
by griefcare | 2014-10-24 22:46 | ◆アドバイザー日記

エレベーター前でばったり。

今日は、出かけた先で思いがけず嬉しいことがありました。

昨年3月に闘病中のお父様のことでご相談を下さった方に、出かけた先のエレベーター前でばったりお会いをしたのです。

一年半前に予後があまり宜しくないと言ってらしたお父様は、今もご健在だということで、笑顔で手を振って別れることが出来ました。

“その後どうされているかなあ・・”と気にはなりつつも、お聞きすることができないでいた方に、こんなふうにばたっとお会いして、笑顔でお話が出来るのはとても幸せなことでした。

Mさん、また「ばったり」お会いできますように。
[PR]
by griefcare | 2014-10-20 00:02 | ◆緩和ケアと在宅ケア関連

男性限定わかちあいサロンのご案内

本日は昨年に引き続き12月に開催する「男性限定わかちあいサロン」について、ご案内いたします。

昨年6月に初めての「わかちあいサロン」を開催して以来、思いもかけず多くの方においでを頂くことができました。
どの方のお話も大切な方への愛と思いが詰まったお話で、傍でお聴きできることに毎回感謝をしています。

ただ、おいで頂いた方の性別は圧倒的に女性が多く、女性を9としたら男性は1に届くかどうかという割合です。
この背景には主宰者である私が女だということも関係していると思うのですが、それと同時に、胸の内を表に出すことを躊躇い、ぎりぎりのところまで我慢しておられる男性も多いのではないかと思うようになりました。

そこで、年に1回ぐらい男性だけの場があっても良いのではないかと思い、昨年暮れに初めての「男性限定サロン」を行い、お二人の方にご参加を頂くことが出来ました。

お二人という人数は、もちろん多くはありません。
しかし、そのとき思ったのは、人数の多少には関係なく、やはり年に1回ぐらい男性同士で語りあえる場があっても絶対に悪くない、ということでした。

ですので、年に1回だけの開催ではありますが、今年も下記の日程で男性限定サロンのご案内を差し上げます。

◆男性限定わかちあいサロン
日時:12月7日(日)13時~14時30分、15時~16時30分
    (どちらかご都合の良い時間帯をお選びください)

場所:クロスパル新潟(新潟市中央区礎町通3ノ町2086) 
    (部屋番号はお申し込み後にお知らせします)

対象:大切な方を見送られた方(男性限定)
    (見送りの時期や対象は問いません)
*各時間とも最大4名までの小さなお茶会です。
ここで聴いたお話はここだけのお話にするのが、お約束になります。

参加費:お一人千円(お茶お菓子、小さなお土産付)

お問合わせ・お申込みは
mobil:090-8259-1551(*番号非通知はかかりませんのでご注意ください)

*ささやかな場の設定でありますが、お役にたつことがありましたら幸いです。
[PR]
by griefcare | 2014-10-15 18:42 | ◆わかちあいサロン

よかったらもう一度お電話ください。

昨晩、01から始まる番号で電話をくださった、どなたかへ。

折り返し何度か電話を差し上げていますが、ベルが鳴るばかりなのが心配です。

よかったらもう一度お電話ください。

不在や用事で手が離せず電話に出られないこともありますが、必ず掛け直しますので、よかったらもう一度お電話ください。

お待ちしています。
[PR]
by griefcare | 2014-10-12 22:57 | ◆アドバイザー日記

秋の一日

10月3連休の初日です。
新潟は秋らしい晴れ日になりました。

こんなふうにお天気の良い日は、ちょっと辛い。
そんな方もおられるのではないでしょうか。

誰かを見送ったその後は、お天気と気持ちの関係は複雑です。
晴れているのに寂しくて、雨が降ってもやっぱり辛い。

お天気の良い秋の日は、穏やかだからこそ辛い。
唇をかみしめて時間を過ごしている。
・・そんなあなたの心にも大切な人からの愛が届きますように。

*写真の花はこの季節に咲くゲンノショウコです。
小さな小さな花ですが、少し郊外に行くと出会えます。よかったら探してみてください。
d0300787_22544956.jpg

[PR]
by griefcare | 2014-10-11 22:55 | ◆アドバイザー日記

秋のバラの季節になりました

秋のバラの季節になりました。
気候の良い時期にサロンを開いている最寄地の、寺尾中央公園のバラ園もいまが見頃になりました。
d0300787_21532467.jpg

写真は白いバラですが、オーソドックスな赤や黄色、ブルーに近いパープルやオレンジ、ピンクと、いろんな色の花が咲いています。

小さいバラ園ではありますが、公園の遊び場には銀杏の実が落ちていたりもしますので、お天気の良いお休みにでも是非お出かけになってみてください。
[PR]
by griefcare | 2014-10-04 21:53 | ◆アドバイザー日記
サロン日程のご案内

◆31年「春のわかちあいサロン」
日時:3月21日(木)10:30~12:00、13:30~15:00
会 場:クロスパル新潟(予定)*会場は2月に決定いたします。
参加費:1,000円(茶菓と小さなお土産付き)
対 象:大切な方をなくされた方(性別不問・時期やお相手は問いません)
定 員:各席最大4名様まで
*ここでお聴きしたお話はここだけにするのが、全員の方のお約束になります。

◆第3回「こどもの悲嘆のケア基礎講座~身近な大人に知っておいて頂きたいこと~」終了しました
日 時:11月25日(日)13:30~15:30
会 場:クロスパル新潟308-309講座室
参加費:2,000円(資料代)
対象:家族を亡くした未成年の子どもの保護者、保育園や幼稚園、学校の先生など、子どもの支援に関わる大人 20名まで
*内容等の詳細はカテゴリ「講座」内でご案内いたします。