~新潟市にあるグリーフケア(ご遺族のケア)と、闘病中のご家族を持つ方のサポートのためのオフィス~


by griefcare

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール

カテゴリ:◆その他の活動( 18 )

自力で息を抜くのではなく。

今日は5週ぶりの父の病院診察&リハビリ日でありました。
父に付き添い、病院で待ってる間、掲示板を見ていたら、今月から難病カフェが始まるという案内がありました。
同じ日にはロビーコンサートもあるそうで・・。

父はたぶん行かないと思うけど、私は行ってこようかな~。


父の難病生活も、もう4年。

気付いたのが早かったのが幸いしてか、未だ軽度ではありますが、さすがに4年が過ぎると娘もすこ~し息抜きしたいかな~(父がいちばん息抜きしたいって思ってるとは思うのですが・・苦笑)


「サイジョウさんは好きなことして息抜いてるでしょ」って言われたらその通りなんだけど、自力で息を抜くんじゃなくて、ここでは息を抜いていいんだよ、って言ってもらえる場所が私にも一つあったら嬉しいな~。

甘えじゃなくて、これからも頑張るために、来週行ってこようかな~。

*いつも頑張っておられる皆さんも、たまには息を抜いてくださいね。


[PR]
by griefcare | 2018-10-11 16:48 | ◆その他の活動

年に一度のワンコインセミナー

グリーフケアとは関わりのない話題になりますが、今日は年に一度、新潟IPC財団のワンコインセミナーで担当している「クレーム対応セミナー」の開催日でありました。

このセミナーは今年で4回目になりますが、クレームの内容は業種や業態によって千差万別で、クレームの背後にある事情や理由も様々なため、対応するのが本当に難しい課題だと思います。

そのため、どんなケースでも間違いなく解決できる「こうするのが絶対正解!」という解はおそらく世の中には見当たらず、「どうするのが、この場合の最善か」を諦めずに考えていくことと、本来なら起きなくても良いクレームから組織や従業員の人たちを守るため、日頃からどんな備えをしておくべきか、と考えることがとても大事なように思います。

とはいえ、講師の私にも「これが絶対正解!」が見当たらないのが現実のため、とりあえず私の方で叩き台を提示して、毎回、受講者の皆さんと一緒に考えていく感じです。

でも、、一部の悪意あるクレームは別にして、多くのクレームは「サービスの提供者側の明らかなミスや失敗」から生じるというよりも、「サービスの提供者側と受け手側の意志の疎通に不足があった」とか、「たまたま間が悪かった」など、人と人との関係性の、何らかの不幸な巡りあわせが介在をしている様な気がします。

そう考えるのであれば、クレームは単に嫌なものではなくて、そこから学ぶこと、今後、互いに出来ることに繋げることができるのではないかと思います。

「クレーム」は「マーケティングの中の一要素」としての扱いですが、日頃の暮らしのことを考える機会のようにも思います。
なにはともあれ、今年の講座が無事に終了してほっとしました。
今年もありがとうございました。
[PR]
by griefcare | 2015-11-26 00:24 | ◆その他の活動

どうぞ無事でいてください、と願う気持ちが届きますように。

テレビに映る鬼怒川のニュースを目にして、11年前の三条水害を思い出しました。

私が事務局を担当しているNPO法人WWAには県内各地に会員さんがいますので、県内のどこかで災害があると、必ず誰かが被災をしてしまいます・・。

災害があったとき、誰かの顔が思い浮かぶというのは、とても特別なことで、私が初めてボランティアに行ったのは三条です。

その年の秋には、また別のみんなの顔が浮かんできて、今度は長岡に行きました。

栃木や茨城でも、誰かの顔を思い浮かべて心配している人が大勢いるだろうと思います。
どこで起きるかわからない災害。
どうぞ無事でいてください、と願う気持ちが届きますように。
[PR]
by griefcare | 2015-09-10 22:28 | ◆その他の活動

「働く人の“仕事と心”ワークショップ」

今日はグリーフケアの活動ではなくて、もう一方の(?)私が事務局を務めている特定非営利活動法人ワーキングウイメンズアソシエーション(略称WWA)の事業のご案内をいたします。

平成8年に新潟県内で働く女性の異業種交流会としてスタートしたWWAでは、女性に限らず、私たち県内で働く人が少しでも働きやすく健康で充実した仕事生活を過ごせるよう、23年度から新潟県や(一社)新潟県労働衛生医学協会等の後援を頂いて
d0300787_17584422.jpg
、「働く人の“仕事と心”ワークショップ」という事業を実施しています。

これは県内で働いている方であれば、性別問わず、「個人参加」を頂けるメンタルヘルス講座で、毎年6月を「仕事と心月間」と名付けて、新潟市と長岡市で開催をしています。

今年も、6月15日(日)13時半~16時半、長岡市で、「人間関係を壊さずにNOと言えるようになるために~職場で生かすアサーティブコミュニケーション」、6月28日(土)13時半~16時、新潟市で、「心と身体のメンテナンス~笑おう!ほぐそう!ココロとカラダ!」を開催します。

15日の長岡は「職場でのコミュニケーション」、28日の新潟は「自分でできる心身のケア」と、内容はそれぞれ異なりますが、共に性別不問でご参加を頂けます。
(毎年、男性も結構おいでになりますのでご安心ください)

講座内容や料金、会場等の詳細は下記URLをご覧になって頂ければと思うのですが、心や身体があんまり苦しくなる前に、上手に講座を利用して頂けたら嬉しく思います。
http://www.wwa-n.com/report/index.htm

お問い合わせ・お申込みは、WWA事務局:025-233-5983(番号非通知不可)、メールwwa-admin@wwa-n.comまでご連絡を願えると幸いです。

追伸:23年度に本事業を始めた背景には、19年度に新潟市が政令市の中で自殺率ワースト1だったことがありますので、グリーフケアの活動とは違う、と言いながら、根っこの部分ではやっぱり関連をしています。
残念なことに自ら命を絶たれる選択をされる方が全国の中で多いと言われる新潟県。
ご遺族のお話をお聴きすることも決して少なくはありません。
その選択をされた方にもそれぞれのご事情があり、それゆえの選択でもいらっしゃいましたので、そのことについて何かを申し上げることは私にはできないですが、でも、できることであるなら、その選択をされずに済む方法があったなら・・。と、そのような思いも胸にワークショップを実施しています。

もし皆様のお近くに心配な方がいらしたら、「こんなワークショップがあるよ」とお知らせいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by griefcare | 2014-05-16 17:58 | ◆その他の活動

チビちゃん達

今日もグリーフケアとは違う話題になりますが、昨日、NPO法人WWAの業務の方で、子育て真っ最中の働くママを対象にしたから「こどものいるあなたの未来キャリア」テーマトーク会(要はお茶会です)を行いました。

ふだんは大人ばっかりの事業をしているWWAなのですが、昨日は、生後半年の赤ちゃんから低学年までのチビちゃん達がなんと10人(!)も来てくれました。

ブログでは写真が1枚しか載せられないので、子どもたちの楽しそうな風景をご紹介することができないのが残念ですが、ママにだっこされている小さなこどもたち。

大切に大切に生きていって欲しいなあ。と思います。

そして、大人の側も、子どもが育つのと同じように、焦らず時間をかけて良い場づくりをしていきたいなあ、と思います。

お熱が出たりして昨日は来れなかったチビちゃんたちは、
d0300787_114125.jpg
次の機会にぜひ来てね。
[PR]
by griefcare | 2013-09-30 11:05 | ◆その他の活動

エフエムラジオ新潟・放送番組審議会委員長職満了

本日無事に、
d0300787_1723459.jpg
株式会社エフエムラジオ新潟・放送番組審議会委員長職を満了いたしました。

初めて審議会に参加して11年。委員長として丸4年。

少しぐらい体調が悪くても欠席できないプレッシャーも、毎回社長の正面で「委員長のお言葉」を言わなくちゃいけないお役目も、自分の名前で自分に案内状が届く可笑しさも、すべて無事に終了することができました。

長かった11年、場をとりもつ苦労もあった最後の4年。

でも、過ごしてみれば、とっても良い時間と良い経験でした。
私は果報者であったのではないかと思います。
本当に感謝をしています。
[PR]
by griefcare | 2013-09-27 17:23 | ◆その他の活動

ひとにも「ちぐら」

今日はお月見の晩ですが、我が家のネコは満月には知らん顔。自分の簡易な居場所に籠っています。
名はクリ、いつか顔を見せてご挨拶いたします(ぺこり)。

餌やり当番の人間(私)は、本日、弁護士会さん主催の「くらしとこころの総合相談会」(弁護士会の自殺対策事業です)の受付のお手伝いをさせて頂きました。

やっとの思いで会場まで来られたんだろうなあ・・と感じることもありまして、生きること暮らすことのしんどさを肌で感じる一日でありました。
ネコにもひとにも、安心して眠っていられる「ちぐら」(居場所)がないと辛いです。

辛さの末に自死まで至ることがないように、どこかでストッパーの役を果たしたい。
そのために、できることを少しずつでいいから、いろんな立場で共有したい。

明後日21日にも西堀ローサで相談会が開かれます。
小さな場ではありますが、だれかの「ちぐら」のきっかけになりますように。

d0300787_002086.jpg

[PR]
by griefcare | 2013-09-20 00:00 | ◆その他の活動

NPO法人の話題から・・

今日は嬉しいことがありましたので、グリーフケアの関係ではなく、NPO法人の方の話題で失礼をいたします。
こちらの法人業務の一つとして、昨年度から女性向けの起業支援講座の運営を(公財)にいがた産業創造機構から受託をしています。昨年度の修了生が2クルーで50名、今年は1クルーの開催で30名、合わせて80名の方が修了をくださいましたので、今年の11月に同窓会を開催することになりました。

先ほど、今年の修了生のSさんから、同窓会の申し込みと一緒に「近況報告」をいただきました。
グリーフケアの活動とは異なる内容ではありますが、裏方業務を担当した身には、とても嬉しい内容でしたので、ご紹介をさせていただきます。

『私のその後…ですが、お陰さまでプレゼンさせていただいた9/14イベントが大成功しまして、11/16に2回目の開催が決定しました。
講師のお力添えの元、今後も継続してイベント開催が可能になり、また、私が講師を努めてイベント開催できるようご指導いただけることになりました。
起業道場という学びの場で、先生方を始め、様々な方々と出逢い、そのお陰で奇跡のように私の日常が輝きはじめました。
自分でも信じられないくらいの変化を感じています。
これからは感謝の気持ちを忘れずに、想いを形にしていきたいと思います。
同総会で皆さまとシェアできるのをたのしみに、また、その頃の自分をみるのも楽しみに過ごしたいと思います。ありがとうございます(*^^*)』

・・ありがとうございます、と言わなくちゃいけないのは、参加をして頂いたこちら側だと思います。
裏方を務めた甲斐がありました。嬉しい報告がいただけて本当に嬉しく思います。
Sさん、ありがとうございました!
[PR]
by griefcare | 2013-09-17 18:09 | ◆その他の活動

「くらしと心の総合相談会」

来週17日(火)、19日(木)、21日(土)に、新潟市の西堀ローサ内で「くらしと心の総合相談会」が開催されます。
これは新潟県弁護士会が中心となって開催するものですが、保健師や精神保健福祉士による「こころの相談」をはじめ、健康・子育て・介護、消費生活相談、多重債務問題、職業問題、労働問題、生活保護、離婚やDV,福祉のこと、薬のこと、支援団体のこと、などなど、ワンストップで3種類の問題まで一度に相談できるというものです。
相談料はかかりませんが、できれば事前の予約をした方がスムーズに相談を頂けます。

*でも、悩みがある時には、なかなか動き出せないですよね。
ですから、その日、行けそうに思えたら、直接、会場に行かれても大丈夫です。

私も19日、受付係の一人として参加します。
もし気になることがあったら、もし身近に気になる方がいらしたら、どうぞ安心してお出かけください。
詳細は、http://www.niigata-bengo.or.jp/event/index.php?id=177
[PR]
by griefcare | 2013-09-13 10:20 | ◆その他の活動

WWA「起業道場」最終回

お盆休みの後半は笹川流れに月岡と、安近短な夏休みが過ぎ、金土は朝8時から冷房のないところでちょっと頑張って、今日はWWA「起業道場」最終回、笑顔が沢山のとても良い時間でした。

11月に昨年と今年の受講者さんの「同窓会」を開きます。
素敵な輪が広がりますように!
受講生の皆さん、講師の皆さん、ゲストやお手伝いをしてくださった皆さん、委託者のNICOさん、今年もありがとうございました。
d0300787_22451692.jpg

[PR]
by griefcare | 2013-08-18 22:46 | ◆その他の活動
サロン日程のご案内

◆31年「春のわかちあいサロン」
日時:3月21日(木)10:30~12:00、13:30~15:00
会 場:クロスパル新潟(予定)*会場は2月に決定いたします。
参加費:1,000円(茶菓と小さなお土産付き)
対 象:大切な方をなくされた方(性別不問・時期やお相手は問いません)
定 員:各席最大4名様まで
*ここでお聴きしたお話はここだけにするのが、全員の方のお約束になります。

◆第3回「こどもの悲嘆のケア基礎講座~身近な大人に知っておいて頂きたいこと~」終了しました
日 時:11月25日(日)13:30~15:30
会 場:クロスパル新潟308-309講座室
参加費:2,000円(資料代)
対象:家族を亡くした未成年の子どもの保護者、保育園や幼稚園、学校の先生など、子どもの支援に関わる大人 20名まで
*内容等の詳細はカテゴリ「講座」内でご案内いたします。