~新潟市にあるグリーフケア(ご遺族のケア)と、闘病中のご家族を持つ方のサポートのためのオフィス~


by griefcare

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール

「第6回甲信越在宅医療推進フォーラム」家族の立場で参加します

昨日一昨日よりは涼しい?ものの、このところの暑さに負けたのか、外出する元気がありません。

そこで、今日は朝から資料づくりをしています。

ちょっと宣伝みたいにもなりますが・・、来月、長岡で「第6回甲信越在宅医療推進フォーラム(第11回在宅ケアを考える集いin越後2018)」が開かれます。

d0300787_15035452.jpg
今年は講師に鳥取県から「野の花診療所」の徳永先生がいらしゃいますので(*徳永先生と野の花診療所のことはNHKの番組などでご存知の方もいらしゃると思います)、ぜひ多くの方にご参加頂きたいと思うのですが、二つある分科会のうちの一つに私もシンポジストの一人として参加することになりました。


分科会のタイトルは「人生最終段階における意思決定支援を考える~医療者、市民への意思決定についての普及・啓発と本人・家族への支援のあり方~」という、とても長い名前の分科会なのですが、要は「人生の最後まで“自分の生きたい生き方ができる”よう、本人の意思決定とその実現を周囲にいる関係者はどんなふうにサポートしていったら良いのか」を考える場です。

そこに、がんのために僅か一年半の最終段階しかなかった母と、命には直結しない代わり、長期にわたる最終段階(正しく言えば最終段階に向かうまだ途中)を送っている父の二つのケースを間近で見ている「家族」として、参加することになりました。


そのための資料として、まずは抄録を書きました。

母の闘病とその後の死去は今でも辛い思い出ですが、そのことがあったからこそ今があるとも思います。
長くなり
ますが、最初に自己紹介を書きましたので、よろしければお読みになってみてください。

1:自己紹介
実家の母を9年前にがんで亡くしました。

母は婦人科系の
がんだったため、男性である父や県外在住の弟よりも、娘である私が医療者の皆さんへの相談やお願いごとを担当していましたが、母のがんは悪性度が高く進行も早かったため、傍で見ているのは大変辛かったです。

そんなこともあ
り、母の死後、自分のためにグリーフケアを学び、現在に至ります。

そして、母の死後、独居となった父は現在84歳。パー
キンソン病と加齢黄斑変性症を抱え、要支援2の認定を受け自宅で暮らし続けています。...

本日はがんのために1年半という「短期間の人生最終段
階」で終わってしまった母のケースと、命に直結はしませんが「長期間の人生最終段階」を送っている父のケースを通して、本人が主体的に意志決定するために、本人や家族が医療や福祉関係の皆さんとどう関わっていったら良いのか、一緒に考えることができれば幸いです。


d0300787_15041697.jpg

このような想いを携え、当日参加をいたします


フォーラムの日時は9月30日(土)9時半~、会場はホテルニューオータニ長岡です。 参加費は無料ですので、よろしければお出かけください。

追伸:ご参加希望の方は9月13日までにTEL:025-223-6381「新潟県在宅ケアを考える会事務局(新潟県医師会業務課内)」までお申込みください。
よろしくお願いいたします。


[PR]
by griefcare | 2018-08-25 15:07 | ◆緩和ケアと在宅ケア関連
サロン日程のご案内

◆30年「秋のわかちあいサロン」
日 時:9月20日(木)10:30~12:00、13:30~15:00
会 場:寺尾中央公園サロン*寺尾中央公園から徒歩5分、詳細はお申し込み後にお知らせします。
参加費:1,000円(茶菓と小さなお土産付き)
対 象:大切な方をなくされた方(性別不問・時期やお相手は問いません)
定 員:各席最大4名様まで*今回は午前:配偶者の方、午後:その他の方の席とさせて頂くことになりました。
*ここでお聴きしたお話はここだけにするのが、全員の方のお約束になります。

◆第四回「家族のためのグリーフケア講座」終了しました。
日 時:7月29日(日)13:20~15:40
会 場:クロスパル新潟*部屋番号はお申し込み後にお知らせします。
参加費:2,000円(資料代、お菓子付き)
対象:ご家族とその支援者の方 20名まで
*内容等の詳細はカテゴリ「講座」内の記事本文をご覧頂けますと幸いです。