~新潟市にあるグリーフケア(ご遺族のケア)と、闘病中のご家族を持つ方のサポートのためのオフィス~


by griefcare

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール

もう十分にして差し上げられた一つのお話

連休明け、今日からまたお仕事の方が多いことと思います。

私も今日からいつもと同じ日々ですが、よかったら目を留めて頂ければと思うお話が一つ。

私のところに来て下さっている方で、今年に入ってからご家族をがんでなくされた方がいらっしゃるのですが、その方から先日、次のような内容のご相談をいただきました。

>昔の同級生から数十年振りに連絡が来て、当時、親しかった友人が、がんの末期で余命いくばくもないと伝えられました。
そこで何回かお見舞いに行ったところ、ご家族が席を離れたすきに、「教えてください、教えてください、私はどうしたら良いのでしょう」と言われました。
「大丈夫だよ、大丈夫だよ」としか返事ができなかったのですが、家族には心配をかけたくないから言えないこともあるのでしょうか。
そう思ったら、もっとそばにいてあげたいと思うのですが、お見舞いに行くと、自分の家族の闘病中の後悔が頭に思いうかんできたり、最後のときの様子を思い出したりして辛くなります・・。
私はどうしたら良いのでしょう。 
という内容でした。

この方のケアを担当している立場としては、この方に、これ以上の負荷をお勧めすることはできません。
でも、そうは言っても、この方の迷う気持ちも伝わりますし、後から後悔することもあるだろう、と推測することもできます。

そこで、信頼している年長の看護師さんに、あくまで「ひとつのケース」として、この方のような状況に遭遇したとき、お友達としてどのような対応が出来得るものか、参考意見を仰いでみました。


そうしたところ、この方がまず言われたことは
>その方にとっては辛い記憶になるかもしれないけれど、「患者さんが心の内を表に出せる場を作ってあげられた」というのが、その方の出来た最高のことだと思うし、その方だからこそ出来たことだと思う。
だから、その方には、そのことに胸を張って頂きたい、ということでした。


また、
>「どうしたらいいんですか?どうしたらいいんですか?」と尋ねた患者さんの側も、その問いに対する答えが存在しないことはおそらく分かっておられるし、それでも尋ねずにはいられない「その問い」を聴きとって、「大丈夫だよ、大丈夫だよ」と返事をしてあげられただけで、もう十分だと思います」ということでした。

加えて、
>本来は主治医や担当の看護師や、がんの認定看護師などが患者さんの心の内を聴きとって上げなくてはいけないのに、それが出来ず、お友達にその役割を担わせてしまったことを、医療者として申し訳なく思う、と言っておられました。


最終的に私からこの方にお伝えできるのは、「お友達のためにしてあげられることは、もう十分して差し上げることができましたよ」ということと、「これ以上、ご自分の辛さに蓋をして、無理を重ねられなくても良いと思いますよ」ということだろうと思います。

でも、こういうお話はきっと誰にでも起こり得ることなんじゃないかと思います。

そんなとき、どうしたら良いのか考える一つの事例になればと思い、ご紹介を差し上げます。

いま辛い状況にある方にも、幸ある日々でありますように。


[PR]
by griefcare | 2017-10-10 17:29 | ◆アドバイザー日記
サロン日程のご案内

◆30年「秋のわかちあいサロン」
日 時:9月20日(木)10:30~12:00、13:30~15:00
会 場:寺尾中央公園サロン*寺尾中央公園から徒歩5分、詳細はお申し込み後にお知らせします。
参加費:1,000円(茶菓と小さなお土産付き)
対 象:大切な方をなくされた方(性別不問・時期やお相手は問いません)
定 員:各席最大4名様まで*今回は午前:配偶者の方、午後:その他の方の席とさせて頂くことになりました。
*ここでお聴きしたお話はここだけにするのが、全員の方のお約束になります。

◆第四回「家族のためのグリーフケア講座」終了しました。
日 時:7月29日(日)13:20~15:40
会 場:クロスパル新潟*部屋番号はお申し込み後にお知らせします。
参加費:2,000円(資料代、お菓子付き)
対象:ご家族とその支援者の方 20名まで
*内容等の詳細はカテゴリ「講座」内の記事本文をご覧頂けますと幸いです。