~新潟市にあるグリーフケア(ご遺族のケア)と、闘病中のご家族を持つ方のサポートのためのオフィス~


by griefcare

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール

生活困窮の方への支援

昨日の夜、新潟市内の地域包括支援センターを事務局として開催された勉強会に参加してきました。
テーマは「生活困窮の方への支援」です。
d0300787_1331851.jpg

グリーフケア協会のアドバイザーは、相談者さんのお話を聴くだけではなくて、食事がとれているか、眠れているか、心身の不調は無いか、といった健康面に目を向けるのと、生活上の困りごとは無いかといった社会的なことにも注意をするようにと学びます。

そのため、私の方で(・・このひとは少し心配かも・・)と感じた時は、最寄の社会福祉協議会の相談窓口や県のパーソナルサポートセンターのご紹介をしているのですが、ただ専門機関を紹介するだけではなくて、自分自身でも、もう少し知識を持っていたいとずっと思っていたので、昨日はどんぴしゃりの勉強会でした。

昨日教えてもらった主な支援の方策は4つ。1:生活福祉資金貸付と2:無料低額診療事業と3:フードバンクと4:無料施設入居相談(施設代が無料という事ではありません)

事例紹介者のケアマネさんの話では、自治体の制度は時として使いづらいことがあり、民間の事業者や団体が実施しているサービスなどを複数組み合わせて使わないと解決しない事例もあるそうです。
・・が、そんなふうに心を配り、持ってるネットワークを駆使をして、困窮している人の為に努力してくれる方たちが沢山沢山いるのだなあ~と、たいへん励みになりました。

初めての場に参加するのはやはり緊張をしますが、これからも学ぶ機会を捉えていきたいと思います。
昨日お世話になった皆さま、ありがとうございました。
by griefcare | 2016-02-20 13:03 | ◆アドバイザー日記
サロン日程のご案内

◆31年「春のわかちあいサロン」
日時:3月21日(木)10:30~12:00、13:30~15:00
会 場:クロスパル新潟(予定)*会場は2月に決定いたします。
参加費:1,000円(茶菓と小さなお土産付き)
対 象:大切な方をなくされた方(性別不問・時期やお相手は問いません)
定 員:各席最大4名様まで
*ここでお聴きしたお話はここだけにするのが、全員の方のお約束になります。

◆第3回「こどもの悲嘆のケア基礎講座~身近な大人に知っておいて頂きたいこと~」終了しました
日 時:11月25日(日)13:30~15:30
会 場:クロスパル新潟308-309講座室
参加費:2,000円(資料代)
対象:家族を亡くした未成年の子どもの保護者、保育園や幼稚園、学校の先生など、子どもの支援に関わる大人 20名まで
*内容等の詳細はカテゴリ「講座」内でご案内いたします。