~新潟市にあるグリーフケア(ご遺族のケア)と、闘病中のご家族を持つ方のサポートのためのオフィス~


by griefcare

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール

年の瀬のお願い

今年もあと半月となりました。
お天気が良いなかではありますが、参考までにご覧いただけたらと思います。

今年は近しい方をなくされて月数が経たない方からお話をお聴きする機会を多く頂きました。
そのお一人から、“半年近く経つのに仕事をしないのはどういうことだ、と周囲の方に言われて辛い思いをしている”とメールを頂きました。

>そんなに早く立ち直らなくてはいけないのでしょうか?
>これでも満身創痍私なりに毎日必死に踏ん張って生きているのですが…
>死を悲しむのは甘えているのでしょうか?
というお尋ねです。

この方には「半年近く」ではなくて、「まだ半年」、「やっと半年」だと思います。
立場が違えば時間の流れ方も違います。
お一人お一人、その方の時間が流れていくと思います。
それに気持ちを委ねた上で、どうされるかをご自身で考えていかれるのが最善だろうと思います。

そして、参考までにお伝えをしておきますと、グリーフケア協会会長の宮林の調査では、日本人の悲嘆の継続期間は平均して4年半と言われています。
もちろん、4年半ずっと同じ気持ちのままではなく、波が行き交い、季節が移ろうように、心のなかも変わります。
そうしながら、一人一人の着地点が出てくると思うので、周りの方にも焦らず見守って頂けたらと思います。
(但し、心身の不調があまり目につくような場合は別です。
このような場合には適切な助言や支えが必要な場合も多いので、早期の対応が大切になってきます)

クリスマスに大晦日にお正月。
年の瀬が近づくと、気持ちの波も出やすくなるようです。
周りの方の気遣いが意味をもつことも増えてきますので、気掛かりなことがありましたら、ぜひご連絡ください。

・・と最後はお願いになりました(汗)
穏やかな師走でありますように。
by griefcare | 2015-12-15 11:24 | ◆アドバイザー日記
サロン日程のご案内

◆31年「春のわかちあいサロン」
日時:3月21日(木)10:30~12:00、13:30~15:00
会 場:クロスパル新潟(予定)*会場は2月に決定いたします。
参加費:1,000円(茶菓と小さなお土産付き)
対 象:大切な方をなくされた方(性別不問・時期やお相手は問いません)
定 員:各席最大4名様まで
*ここでお聴きしたお話はここだけにするのが、全員の方のお約束になります。

◆第3回「こどもの悲嘆のケア基礎講座~身近な大人に知っておいて頂きたいこと~」終了しました
日 時:11月25日(日)13:30~15:30
会 場:クロスパル新潟308-309講座室
参加費:2,000円(資料代)
対象:家族を亡くした未成年の子どもの保護者、保育園や幼稚園、学校の先生など、子どもの支援に関わる大人 20名まで
*内容等の詳細はカテゴリ「講座」内でご案内いたします。