人気ブログランキング |


~新潟市にあるグリーフケア(ご遺族のケア)と、闘病中のご家族を持つ方のサポートのためのオフィス~


by griefcare

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール

「ターミナル期のリハビリテーション」

昨年、新潟市内で開催された「在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク」全国大会でお世話になった方のなかに、在宅で療養されている方を対象とした訪問リハビリテーションに熱心に取り組んでおられる理学療法士の方がいます。

昨日、この方から声をかけて頂いて、「ターミナル期のリハビリテーション」というテーマで真面目な会話をご一緒する機会を頂きました。

この「ターミナル期のリハビリテーション」という言葉、実は私にとって、特別な思いが募る言葉です。

もう5年前の話になりますが、私の母がホスピスに移った初日、病室に挨拶に来られたリハビリ担当の方が「〇〇さん、ちょっと歩いてみましょうか」と、母に向かって言われたのです。

そのときの、母の嬉しそうだったこと!
そして、私たち家族の嬉しかったこと!

なぜなら、転院するまでの数か月、病状が悪化する一方だった私の母は、病院のベッドの上で点滴を付けて過ごす時間がほとんどで、「歩いてみましょう」なんていう言葉とは全く無縁だったのです。

なのに、(もうだめなんだ)と色んなことを諦めきって転院したホスピスで、「歩いてみましょう」と言われるなんて!
車椅子を押して頂いて、リハビリ室に連れて行ってもらった母は、歩行訓練用のバーにつかまって、ゆっくりゆっくり足を出しながら、ほんとうに嬉しそうで、ほんとうに幸せそうでした。

・・そうして、これは私自身の実感です。

ターミナル期のリハビリテーションは、患者と家族の“希望の回復”に繋がります。

現在はまだ普及していないという「ターミナル期のリハビリテーション」が、どうぞ広く普及をしていきますように!
by griefcare | 2014-05-16 00:15 | ◆緩和ケアと在宅ケア関連
サロン日程のご案内

◆31年「紫陽花季のわかちあいサロン」*終了しました。
日時:6月20日(木)10:30~12:00、13:30~15:00
会 場:寺尾中央公園サロン*公園から徒歩約6分
参加費:1,000円(茶菓と小さなお土産付き)
対 象:大切な方をなくされた方(性別不問・時期やお相手は問いません)
定 員:各席最大4名様まで
*ここでお聴きしたお話はここだけにするのが、全員の方のお約束になります。

◆第5回「家族のためのグリーフケア講座」
日 時:7月28日(日)13時20分~15時40分
会 場:クロスパル新潟*研修室はお申し込み後にお伝えします
参加費:2千円(資料代、お菓子付き)
対 象:ご家族とその支援者の方 20名様まで(性別不問)
*内容等の詳細はカテゴリ「講座」内でご案内いたします。

◆第4回「こどもの悲嘆のケア基礎講座~身近な大人に知っておいて頂きたいこと~」11月予定