~新潟市にあるグリーフケア(ご遺族のケア)と、闘病中のご家族を持つ方のサポートのためのオフィス~


by griefcare

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール

パーソナルサポートセンター

今日は午後、新潟県パーソナルサポートセンター主催の「生活困窮者自立支援に活かすナラティヴ・アプローチ」研修に参加しました。

「ナラティヴ」とは、語ることと語られたもの(物語)の両方を意味する言葉で、心理療法等で使われることが多い言葉だそうですが、どなたかの思い出話や、ご自身の気持ちを語られるのをお聴きすることが多い私にも、とても理解のしやすく意味のあるお話でした。

そして、夜は新潟JC主催の「先進的な労働環境が創り出す力」。
生活にかなり大きな困難を抱えるひとたちの支援がテーマの研修と、基本的には(そんなには)弱者ではないひとたちの「より良い働き方」がテーマの講演では、一見大きな隔たりがありました。

そんな中でもただ一点、JCの講師で来られていた小室淑恵さんの「人口減社会の日本が発展する方法は、多様な人たちが短時間ずつ働くこと」といった趣旨の発言が両方の講座をつなぐものであったように思います。
「多様な人たち」のなかに生活困窮者のひとたちが入り、「短時間ずつ」でも「働くこと」への参加機会が増え、生活の自立が図れること。これがパーソナルサポートセンターの自立支援に繋がるんじゃないかと思ったら、二つの講座が繋がりました。

ご家族を亡くされたことで家族との関係に困難が生じたり、暮らしが辛くなることも実はそんなに珍しくないのが現実です。
そんなときをどう乗り越えたらいいか、(*悲しみや寂しさは愛しさと表裏一体なので決して乗り越えるものではないですが、生活の困難は"乗り越えたいもの"です)、そのお手伝いをしてくれる場所の一つがパーソナルサポートセンターです。

気持ちの困難は私の方でお聴きすることが出来ますが、「暮らしの困難」が生じたときは是非センターへお電話をしてみてください。
電話番号は 新潟:025-385-6851、長岡:0258-89-8263 です。
*毎週月曜から金曜の9時半~16時半まで受け付けをされているそうです。

どなたかのお役にたちますように。
[PR]
by griefcare | 2014-04-18 22:58 | ◆アドバイザー日記
サロン日程のご案内

◆30年「秋のわかちあいサロン」終了しました
日 時:9月20日(木)10:30~12:00、13:30~15:00
会 場:寺尾中央公園サロン*寺尾中央公園から徒歩5分、詳細はお申し込み後にお知らせします。
参加費:1,000円(茶菓と小さなお土産付き)
対 象:大切な方をなくされた方(性別不問・時期やお相手は問いません)
定 員:各席最大4名様まで*今回は午前:配偶者の方、午後:その他の方の席とさせて頂くことになりました。
*ここでお聴きしたお話はここだけにするのが、全員の方のお約束になります。

◆第3回「こどもの悲嘆のケア基礎講座~身近な大人に知っておいて頂きたいこと~」
日 時:11月25日(日)13:30~15:30
会 場:クロスパル新潟308-309講座室
参加費:2,000円(資料代)
対象:家族を亡くした未成年の子どもの保護者、保育園や幼稚園、学校の先生など、子どもの支援に関わる大人 20名まで
*内容等の詳細はカテゴリ「講座」内でご案内いたします。